Learning English 英検4級対策 第6回/全7回

Learning English 英検4級対策 第6回/全7回

宿題

f:id:ninosan:20150112111448p:plain

各公共施設の英語表記をチェックせよ

口語表現もチェックせよ

昔と今で学校の英語の最大の違いは「コミュニケーション英語」という有無であろう。
昔の英語教育は文法の重箱の隅をつつくのと「自然な日本語に訳す」ということばかりでほぼ最悪の環境であった。当時の役人は給料を全部返納しろという感じだ。

ともあれ、英検・TOEICともに口語表現がよく問われるのでチェックする必要がある。

I'd love to.

「喜んで!」という意味。同様にThat would be great.というのもある。
Sounds great!というのも。

I'm not so sure.

「ちょっとわからん」という意味。I have no idea.も同様。I don't know.だけでは芸が無い。

After you.

「お先にどうぞ」という意味。エレベーターでnative speakersと一緒になったら使いたくなる。

Go ahead.

「(そのままの調子で)どうぞ」という意味。

Wait a second.

Wait a minute.というのは知っていてもsecondは知らないという人は多いのでは。

What's up?

「いよう!」という感じの挨拶。英検・TOEICではちょっとでないかな。

You know...

「えーと」「あー」という意味。これも英検・TOEICでは見ない。でもテレビでは見かけるはずだ。

Give me a break!

「勘弁してくれ!」という意味。かの「徳川埋蔵金」で有名な番組「ギミア・ぶれいく」はこれである。これを「ギブミーアブレイク」と発生すると100%「ギミアブレイクと言え」とnative speakersに直される。

おまけ

i'm lovin' it.

異物が混入しまくりのアレであるが、個人的は昔の「マ~クドナ~ル~ド~」の方が絶対良かったと思う。しかしこのフレーズは全世界で使用している。今調べるともう12年もこのフレーズを使っているようだが、変な文法かつ、Iが小文字という故意に狙った感じが12年経っても好きになれない

ちなみにケンタッキーのsogoodも全世界共通であるが好きじゃない。(文句ばっかだな)

あーでも「intel inside」「インテル入ってる」は天才だと思う。

広告を非表示にする