強襲四乃森蒼紫 御庭番衆 Lv.MAX

究極的にはパーフェクトとにゃんまを連打するだけでクリアできるらしいのだが安定と再現性を考えると色々補助をつけるのが無難である。停止が難儀なのでにゃんこ砲アクセサリーも対応しておきたい。

ミタマはあまり役に立たなかった。


補助がたくさんいるおかげで特に押されることもなくクリア。悪魔が多いのでルーキーにはちょっと大変か。その場合はコラボ確定ガチャに期待だろうか。

れいわ新選組の勝手連に行ってきた

まさか枝野幸男が堂々とショヒゼーは下げない宣言をして軽くゼツボーした自身は藁をもつかむ気分でれいわ新選組勝手連に行ってきた。議員は一人もいないが次の比例に出る予定という人がいた。せっかくなので質問をすることにした。

ワイ「れいわさんは消費税をゼロにするということですが……」
*「ゼロじゃなくて廃止です

先制パンチを喰らった。ゼロだと復活が用意ということなのだろうか。
ちなみに消費税分の穴埋めは法人税ということであった。

もう一問聞いた。

ワイ「原発廃炉ということですがラピダスをどうするんだと聞かれたらなんと反論しますか?」
*「本州から電力を買います」

とのことだった。さすが選挙の準備をしているだけあって返答に詰まるということはないというのが印象であった。とりあえずポリシーのかけらもないつばさのナントカよりは数億倍政党してるなと思いながら会場をあとにした。しかし投票するかはなんとも言えない。比例だけだと言うし。

種類が異常な冷凍スパゲティのナゾ

カルボナーラが喰いたくなったのでどれが美味いのか調べると「THE PASTA」が美味いらしい。
ほうほうとマックスバリュ(バリューではない)に行くと日清製粉ウェルナでは「THE PASTA」の他に「超もちパスタカルボナーラ」というのもあるらしい。あれ、これでも良いんじゃないのかと思ったら他にも「大盛り生パスタ」「レンジで3分」とあるらしい。さらに最上級で「青の洞窟カルボナーラ」もあるようだ。多すぎである。

もう一度整理しよう。カルボナーラだけ見てもグレード的には

青の洞窟 カルボナーラ
THE PASTA  カルボナーラ
超もちパスタ カルボナーラ
大盛り生パスタ カルボナーラ
レンジで3分 カルボナーラ

さすがにどうなんだと言わざる得ない印象である。こういう商売って「松・竹・梅」の3種類が定石じゃないのか。
当然スーパーはこんなに置き切れるわけがないので調べるとマックスバリュではTHE PASTAと超もちだけ、BIGでは超もちだけという有り様である。青の洞窟はマックスバリュはボロネーゼはあったがカルボナーラはなかった。やっぱり多すぎるんじゃん。
ちなみに冷凍スパゲティのシェアは日清食品日清製粉ウェルナ・ニップンの3強らしい。BIGではニップンの種類が多くその分日清製粉ウェルナが少ない印象であった。

絶対入手せよ!にゃんこ大戦争の斎藤一のナゾ

YouTubeより

結論から書くと入手するまでネコ缶エンドレスに突っ込むのが大前提である。
「ってことは超極ネコ祭よりも優先なのか?」と聞かれそうであるがそうであると断言できる。仮に伝説レア3️倍とか5倍みたいなガチャが来るとしてもこちらのほうが優先である。そのくらいコラボガチャというのは逃すと痛いのである。
既にトッププレーヤーの中では「入手は当たり前で+5まで引くかもっともっと引いちゃうか」みたいなハナシまで出てきている始末である。なるほどこのあたりの心理をくすぐるところが運営の上手いところなのであろう。
というわけで自身は+5くらいまで引く予定である。言うまでもないが「11連確定」までは我慢すること。

令和の運動会のナゾ

道新より、去年の記事だが全然知らなかった。


で、なぜかポストに近所の小学校の運動会プログラムがあったので見たら2年ごとに1時間ちょっと開催して都度帰宅という驚きの内容であった。しかも競技は3つ

短距離
縄跳び(or ダンス)
玉入れ(or ダンス)

おわり

おいおいおいおいおいおい綱引きも障害物競走もリレーも騎馬戦も借り物競争も二人三脚も組体操もなんにもなしである。さすがに衝撃だ。昼食で食べる冷めた唐揚げをうまいうまいと喰っていたのは完全に過去になってしまった。

こうなった理由としては熱中症対策に働き方改革があるようだ。組体操による怪我というのもあるだろう。それにしてもこれじゃ運動会についての会話は噛み合わないだろうなと思いながらプログラムを閉じた自身であった。

Copilotパソコン価格のナゾ

せっかくなので感想をGemini 1.5 Flashに書いてもらった。

「2
49,980使

249,9801000131

。」

昨日もチラと書いたが頑張って書いたところで1年するかしないうちにもっとこなれた2代目が出ると思うとやはり初代をジャッピングキャッチは抵抗を感じるところだ。それにしてもこれからパソコン選びはAMDIntelQualcommと三択になってしまうのだろうか。メーカーのラインナップも苦労しそうである。

突然すべてのパソコンがガラクタのナゾ

www.itmedia.co.jpラクタは言い過ぎかもしれないがもうこの先、生成AI前提で物事が進むと考えるともうbefore/afterだろう。今までの決まり切ったベンチマークを走らせるのは無意味になり生成AIの速度・精度が価値を決めることになるわけだ。

というわけで今パソコンを新調するのはさすがに「やめとけ」という感じである。もっとも「Copilot対応!!」CPU(NPU)が出てきても初代に飛びつくのはちょっと抵抗を感じるところである。となると2025年までパソコンを新調できないのかという気もするところで現在だましだまし使っている人は気が遠くなるかもしれない。さすがにそれならすぐに新調しても良さそうであるが。

それにしても「やっとWindows 11に対応完了!」と思った瞬間に「Copilot対応」云々という話が出てくるとは難儀な話である。