結局Ryzen 5 2400Gの内蔵ビデオでゲームは出来るのか?

ちょと日付が古いが暑さでWeblog更新がままならなかったのでスマソ。

f:id:ninosan:20210727110432j:plain
うん、これは無理だ。というわけでドラクエX・マインクラフトくらいならOKだがそれ以外は従来の内蔵ビデオに毛が生えたレベルである。ちなみにi5 4690+GTX760の場合。
f:id:ninosan:20210727110350j:plain
ところで今なんとなく再起動したらブルースクリーン出たんだけど何だ??あまり心臓によろしくないことはやめてもらいたいものである。

なにが打ち水大作戦だ

f:id:ninosan:20210727105606p:plain

ウイルスが蔓延する前からトキョで運動会なんて「気温的に無謀」と散々言われていたものであるが、その対策として

打ち水

朝顔

変な笠

を使えば乗り切れるらしい。
本気で言ったのかその場の思いつきで言ったのかはわからないが、実際不満続出という報道が出ている以上、焼け石に水だったと総括する事態に来ていると思うのだがそれにしても謎だらけなのが打ち水大作戦だ。なんと今年も性懲りなくやっているのである。ここで去年のブクマの様子

b.hatena.ne.jpイチ個人がこんな専用ドメインまで取って出来るとはとても思えないので明らかに法人、しかも税金まで使っているんじゃないかという気がしてならないのだがどんなに調べても(Web上では)詳細は謎のままである。自身はジャーナリストでもライターでもないのでこれ以上は踏み込まないが常にスクープ記事を狙っているような人がいたら格好のネタではなかろうか。それにしても見ていてイライラするサイトである。

uchimizu.jp

SONYの言ってることとやってることが違いすぎる

まずはこの即オチ2コマをご覧頂きたい

f:id:ninosan:20210725125935j:plain

f:id:ninosan:20210725125958p:plain(SOV36)

これ、何が問題かって何の役割も果たさなくなったラクタアプリが消せないのである。
モノを長く使おうとするユーザーにとっては大変不快だし、そもそも言ってることとやってることがてんでバラバラで呆れるばかりだ。

というわけで今どきのAndroidの強制アプリ停止を見た。

kunnyoshi.styleこれをそのまんまベタで真似しただけであるがこれで上手くいった。よって2021年7月で通用する方法である。なおコマンドプロンプトでの作業であるがほとんどコピペコピペで済むので身構える必要はない。

f:id:ninosan:20210725130319p:plain
What's Newを消すついでに可読性も記事内容も低次元かつ消せないNews Suiteも消した。どれだけ邪魔者扱いされているかはGoogleのサジェストを見れば一目瞭然だ。

f:id:ninosan:20210725130553p:plain
$ONYは最低限やることやってからサステナブルと言えやと言わざるを得ない感じである。
ちなみにKDDIのアプリにも邪魔なものが散見されるが、こちらは無効→非表示がスムーズでお行儀が良い感じである。なのでこの不快なアプリの挙動は$ONYのエゴと言っていいだろう。なお今回はSOV36での作業だったが他の$ONY端末でもおそらく出来ると思われる。「15 seconds ADB」を今回初めて試したがかなりお手軽なのでオヌヌメだ。

ややこしいPコアとEコアのインテル12世代

f:id:ninosan:20210724105038p:plain

ソケットがLGA1700と大型・長方形化するインテル12世代CPUであるが、最高位が16コア24スレッドというのはかなりあちこちで書かれているのだが、i7・i5については話題になることが少ない気がする。
しかしこれがまたややこしい。その前にPコアとは「パフォーマンスコア」、Eコアは「エフィシェントコア」であるということは覚えたほうが便利かもしれない。今後はこのWeblogでも平然と使うことになる。(性能コア・効率コアと書くかもしれない)

で、i7であるがこちらはEコアを削って12コア20スレッドとなっている。クロックについても削っているのでそれなりに差がつくようになっている。

i5のほうはEコアはi7と同じでPコアを2コア削って10コア16スレッドになっている。いよいよややこしい。クロックもビミョーに削っている。

i3以下は発表されていないがこれまでの流れからするとPコア4のEコア4で8コア12スレッドになる可能性が高いんじゃないかと思う。PentiumはPコア2のEコア2で4コア6スレッドだろうか?CeleronはおそらくPコアのハイパースレッディングをカットしてPコア2のEコア2で4コア4スレッドではないか。
12世代Celeronでもi3 8100レベルの速度は出るんじゃないかと思っているが年数的にもそのくらい出てもバチは当たらないと思う。最近のCeleronのやる気の無さは異常であった。もっとも12世代Celeronが出るのは相当先になりそうだが。
そもそもLGA1700まで更新してCeleronを使う意味がわりと謎といえば謎である。

Ryzen 4500、4100ってなんだ?

Zen2 is back?AMD's new 4100 will integrate Vega core display

f:id:ninosan:20210723205204j:plain
現在Ryzenの3xxxが新品で欲しいと思ったら3500が最低ラインという意味不明な状態のAMD環境であるが、その5xxxシリーズではなく3xxxの再販がされるというハナシである。なのでマザボメーカーは「また新しいBIOS作らなきゃなんねーじゃねーか」と言い出しそうだ。

で、要するにこれ1600AFの流れだなと思うところである。1600AFは一瞬で消滅したので4100や4500も一瞬でなくなりそうである。そもそも自作流通に出てくるかどうかはわからないが。

つか、考えたらそもそも5xxxの安いモデルが出てこれば苦労しないわけなのであるが5xxxってハズレ石が出にくいのだろうか。インテルはLGA1700で安いモデルも準備しているというのでAMDもあんまり低価格帯をおろそかにしていると現在自身が使っているRyzen 5 2400Gもひょっとすると早々にお別れになるかもしれない。

だって今だってインテルは10105FがあるのにAMDRyzen 5 3500からってやっぱり意味不明すぎるのである。

NASDAQ100、先物で15000突破

f:id:ninosan:20210723201844p:plain
自身は無責任YouTuberではないので「株価は暴騰する!乗り遅れると悲惨!!」とか「ダウはオワコン。全員死亡確定」とかもちろん書く気はないわけであるが、とりあえず節目の15000を一時的に突破した。ダウも35000を睨む展開である。

で、

要するに何が言いたいかと言うと前にも書いたがもう来年のNISA分は確保したほうが良いというハナシであった。NASDAQ100が15000をチラ見したわけだがじゃあこのまま16000まで一直線かって普通はそんなことはないわけでやはりどこかで一旦崩れるときがわけでそこで慌てて「うわあぶね、少し売るかな」と思うくらいなら今のうちに売ったほう得じゃねというわけであった。
もちろんこのまま16000までほぼ一直線で「売らなきゃよかった!!」となる可能性だっていくらかはある。あるわけだが来年になればNISA枠が復活するのも事実なわけでボケーっとホールドしたまま復活したNISA枠埋めずにほったらかしというのはいただけないだろう。もちろん売らなくても給料だけでNISA枠なんてらくらく埋まりますというならお好きにどうぞである。ちなみに自身は現在現金率は以前の9割超から9割切るくらいまでポジを減らしている。生活費は安定しているのでさらにポジを減らす必要がない状態であるがここからさらに噴き上がるようであればさっさと来年のNISA枠確保まで売ろうかと考えているところである。

16時間断食、いつの間にか痩せていた

f:id:ninosan:20210722071751p:plain
4月1日から始めた16時間断食ダイエットであるがあまりにも変化がないので計ることをやめていたのだが、夕食をカットすることには慣れていたのでその後も16時間断食は続行していた。そして、何気なくお腹をさすっていたらなんかへこんでいた気がしたので慌てて計ったら確かに痩せていた。MAX時から3kg減というところ。痩せるには痩せたが相当緩慢である。
ただ、基本的なミッションは「夕食を食わない」なので考えることは少ない。8時間内であれば揚げ物でもデザートでも食べ放題である。

あと、16時間中であるが木の実とダイエットコーラ類はセーフである。たまに「ダイエットコーラは痩せない、人体が甘いと感じた時点でアウト」とか訳知り顔がいるが実際自身が痩せているんだからデタラメである。根拠のない書き込みはホントやめてもらいたいものである。なおカフェインが気になるのであればもちろん甘味料サイダーでも良い。自身はイオンの甘味料ジンジャーエールをよく飲んでいる。クセが強いので好き嫌いは分かれそうであるが。

しかしこのダイエット、夕食をカットすることさえ気をつけていれば変化はなくても少なくても太ることはないのでこれは大きい。「ダイエットしてたはずなのにチートデーでたくさん食べたらダイエット前よりむしろ太った」とか本末転倒な光景を見ていると失敗が少ないというのは重要であると思った自身であった。