1月20日更新のバロンズダイジェスト

楽天証券の口座を持っていると水曜日の夜に更新されるバロンズダイジェストがあるがやっと見た。

それによると

◆今年は上半期が熱い

◆しかし株価は割高である

◆それでも株以外の投資先が見当たらない

遺伝子分野が熱い

という感じである。そのころ自身はウルトラバランス(290%レバ)やゴーゴーバランス(550%レバ)をジロジロ見ていたがやはり結論としては

下落時に等倍から乗り換えるもの

である。次のような流れである

等倍で運用 → >>下落<< → レバ投信 →最高値近辺まで戻る → 等倍に戻す

具体的に「下落」とは何かであるが以前のエントリーにも書いたとおり1週間でS&P 500が4%下落した時である。人によっては5%でも6%でも良いかもしれない。

自身の場合、下落が起きたときの段取りは決めていて三井住友バンガードを全部解約し、レバレッジNASDAQ・ゴーゴーバランス・eMAXIS NEOあたりへ乗り換えするつもりである。段取りを決めているのでもう下落は怖くない、むしろ下落カモン!という勢いである。このサイトを見ている人は投資商品を買っている人も多いかと思うが、下落時の段取りを決めておくのを割と強くオススメする。何しろ今の市場は「かなり割高」なのである。

TSMCが欲しい

多くの人が思っているのはテスラは既に高額すぎて手遅れなので第2のテスラを探さなきゃ、ということである。自身はその筆頭がTSMCだと思っていてAppleAMDTSMCを頼っているし、最近ではとうとうintelTSMC頼みになったというハナシである。そりゃ欲しくなるに決まっている。

しかし単体株を買うには色々難しそう、となるとETF投資信託頼みになるのだが信託報酬も気になるところである。そんな中意外な伏兵がいた。

f:id:ninosan:20210121102359p:plain
TSMCが6.52%とそれなりに混ざっていてしかも信託報酬がたったの0.176%程度とNASDAQ 100連動よりも安い。こんな良い投資信託があったのか?どこだ?

その名はSBI・新興国株式インデックス・ファンドである。まさかの新興国インデックスであった。これは盲点である。これだったら予算の15~30%は突っ込んでも全然いいのではないか。300万円であれば45万~90万円というところである。NISA枠なら120万円のうち18万円~40万円というところか。

ただしもちろんファンドマネージャーの気まぐれでTSMCが減らされる可能性は多分にある。個人的にはそうなったらギャフンである。ちなみにeMAXIS slim新興国TSMCがあるが信託報酬が若干上がるのとTSMC比率が減るのでダブルで劣る感がある。

ちなみに今現在は相場に過熱感があるのでどこかが一旦ガクンと下がったところで買いたいなと思うところである。少なくてもeMAXIS NEO自動運転よりはこっちを推したい(前述のようにテスラはもう加熱しすぎで火傷しそう)。

なぜか話題にならないFamiPay半額バック

f:id:ninosan:20210121101051j:plain

famipay.famidigi.jp実は数日前からかなり長い間スマホに入れていたYahoo!ニュースを削除した。理由はくだらないニュースが多い上に削除ができないためである。

グッとラックが終了して川島になるとか、めざましテレビのMCが変更になるとか、hogeが結婚したとかfugaが妊娠したとか完璧にノイズにしかなっていなかった。つかなんでブロックできないんだ?

閑話休題、ファミマで半額キャンペーンであるが

ファミマ本体 500円バック(1/19~2/1)

ドラッグストア 1000円バック(1/19~1/25)

飲食店 1500円バック(1/26~2/1)

家電 3000円バック(2/2~2/8)

と全部取れば6000円(12000円投入)とかなり美味しい。ドラッグストアもレトルトカレーとかグラノーラ買いだめのチャンスである。ただし期限がかなり短いのと銀行口座の登録が必要である。店でチャージしてそのまま払っていたんでは無効なのでここは激注意である。(たぶん、口座を登録していればチャージ自体は店でしてもOKだと思うが100%確証はない)

家電 3000円バックはツクモでも使えるのでキーボードやmicro SDを買う予定である。

ファンドオブザイヤー2020発表される

f:id:ninosan:20210119114241g:plain

f:id:ninosan:20210119115019g:plain

残りは下記から各自見てほしい

www.fundoftheyear.jp一言でいえば「無難」ということにつきる。わからなければこの辺全部20%ずつ突っ込むなり(意味ないが)サイコロ降って出た目に突っ込むかしていればとりあえず良いのではないか。自身がトヨタアセットバンガードに突っ込んでいた頃とはまるで違う光景に驚くばかりだ。なお最近先物がジリ下げをしていたがこれは「ドナルドが変なことをするんじゃないか」という様子見で誰も動かなかったのが原因であろう。
バイデンに移行した後は猛烈に動きがありそうで大金を一気に突っ込むはちょっと猶予した方が良さそうだ。ちなみにsell in Mayがじりじり近づいていることお忘れなく。

10年以上ぶりくらいに5chの投資板を見たら

「話題のファンド」がガラッと変わっていたのでコピペする。当然ながらマネックスのパトラッシュは消滅し、報酬の安いeMAXIS Slimが猛威という感じである。下の方の「ウルトラバランス」とか「ゴーゴー・バランス」はまったく知らなかったので仕事中にまたこっそり詳細をチェックしようと思う。正直eMAXIS NEOも購入を考えていたのでなんとも目移りするところである。
もし読者で結果が出ていない報酬1%越えのファンドを持っていたらさっさと切ってこれらのファンドに乗り換えるべきだろう。いやーそれにしても良い時代になったものだ。

・外国株
ニッセイ外国株式インデックスファンド
たわらノーロード先進国株式
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
雪だるま SBI新興国株式インデックス
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
eMAXIS Slim S&P500米国株式インデックス
iFree NYダウインデックス
iFree NEXT NASDAQ100インデックス

・全世界株
EXEi グローバル中小型株
ニッセイ インデックスパッケージ(内外株式)
雪だるま SBI全世界株式インデックス・ファンド
eMAXIS Slim 3地域均等
eMAXIS Slim オールカントリー

・株 + 債券
ニッセイ インデックスバランスF(4資産均等)
世界経済インデックスファンド
楽天インデックスバランスファンド
楽天米国レバレッジバランスファンド

・株 + 債券 + REIT
ニッセイ インデックスバランスF(6資産均等)
eMAXIS Slimバランス(8資産均等)
eMAXIS 最適化バランス
SMT インデックスバランス・オープン
SBI資産設計オープン (スゴ6)
野村インデックスF・内外7資産バランス
グローバル3倍3分法ファンド
ウルトラバランス 世界株式
グローバル5.5倍バランスファンド

准教授がこんな根拠希薄なことを書いてて恥ずかしくないのか

toyokeizai.netタイトルの時点でもう自身の言いたいことは書いたので、本文の残りを何で埋めるというハナシであるがとりあえず先週のバロンズダイジェストを見るとどうも直近の市場は神経質な状況である。

ドナルドが未だにグチャグチャ言っているのと金利の上昇がどうも目の上のたんこぶ感である。暴落はしないと信じたいがもう少しジリ下げしそうな感じがする。NISA枠をまだ埋めてない人はもう少し待ったほうが良いかもしれない。埋めるにしても30~60万円で止めるべきだろう。

ビットコインより遥かに高確率で成功する可能性が高いヒリつきETFに驚愕!!涙が止まらない

ビットコインは1億円へまっしぐら!!株はオワコン(笑)

なんでインサイダーでもないのに無駄に煽るようなことを言う層が常にいるのか謎なのであるが大口をたたいたほうが衆目を集める=広告で儲かるという算段なのかもしれない。それにいつまでも引っかかる大衆もどうかと思うが。
と、いきなり脱線気味のテクストであるが昨日仕事が早く終わり拘束時間終了までぼんやりWebをさまよっているとSOX指数というものに巡り合った。これは半導体関連企業だけを集めた株式相場の指数らしくこれに連動するETF(市場で買える投資信託)も存在するとのことである。テーマが限定なので当然値動きはジェットコースターのように上下するわけである。

「へー面白いな」なんて思っていた瞬間なんとこのSOX指数の3倍の値動きをするSOXLというとんでもないETFが存在するらしい。さながらジェットコースターに乗りながら器械体操をするようなものだろうか?滅茶苦茶にもほどがある。滅茶苦茶なのでビットコインさながらのスリルがあるわけであるが、これから半導体関連はかなりの需要があると穴リストが口にしておりビットコインよりはるかに成功する確率は高そうである。何が億り人だ、何が港区女子だという感じである。もっとこういうことを特集しろと思ったものだ。(突然の公共放送攻撃)

f:id:ninosan:20210116155010p:plain
もはや伝説となった1000円で20ゲームしか回らないミリオンゴッドのようなグラフである。話によるとこれがNISAで買えてしまうというのが驚愕である。(ちゃんと調べていない)去年の3月にSARS-CoV-2ショックで$100で買えていたらその後年末に6倍である。つまり100万円突っ込んでいたら600万円、200万円なら1200万円である。しかもビットコインよりはるかに確率は高い。こうなったら借金して買うか??いよいよ気がおかしくなりそうである。
しかし、傍目にはどうにも「手遅れ」or「一旦調整」の予感がアタマをよぎるところである。とりあえずこういうモノが存在するというのをアタマの片隅において下落時に思い出すと良いのかもしれない。ただし昨今はレバレッジETFに規制をかけようかという動きがあるらしいのでそこは十分気をつける必要がありそうだ。気になったら各自検索してほしい。