土曜ワイド検証:「捕らんと欲すれば暫く待て」は本当に1%程度なのか?徹底追求スペシャル

捕らんと欲すれば暫く待て ?~1.90%(捕獲0/戦闘236)
※BINOMDISTで両端1%をカット →計算方法について

↓黄金伝説からオファーが来ても良いくらい地味作業、そして真っ白

1

↓お忘れなく
device-2013-03-02-125049

↓やっとリーチまでこぎ着けた。というか差が極端すぎる。

device-2013-03-02-124417

NHK総合のクローズアップ現代の「レアアース」の回が杜撰だとして話題になっている。
端的に書くと「高騰するレアアース」として2011年の最高値だけを表示したグラフを公共の電波に流したのである。
日本のメディアは「あるある大辞典」のころから全く浄化されてなかったのは興味深い。
こういう主張をするときには誰の目にも明らかなevidenceが必要だ。
以前このサイトは「捕らんとなんて1%しかないんだからそれで樹上を選ばないなんてあり得ない」と書いた。
書いたからには「捕らんと」が1%であることを証明せねばなるまい。
そこでこの構成である、いや構成自体に意味はない。だが少しでも銀は稼いでおく。
いちおうこれで時給1200銀は叩けている。「捕らんと」1%が濃厚になるまではサンプルを集めたいところだ。(いやもちろん2%とかあれば万々歳なのだが。まあ、ないだろう)

device-2013-03-02-104726

広告を非表示にする