さいたま地裁の判決でふれあいセンター(笑)のパンクが始まる

とんでもないことになった。

これは一部界隈で大騒ぎのニュースである。ひょっとすると動き出す弁護士・司法書士もいるかもしれない。

何しろこのワンセグ強制契約、以前総務省自ら義務と平然と言い放っていたのだ。

そう、NHKの実態は自称公共放送、その正体は総務省TVだったのである。
総務省TVというのがわかっていればなんでこんなに電通が出入りしているのか、エンペラーアキヒトの生前退位が独占スクープできたのかというも全部説明がつくというものである。

ブコメでは「最高裁まで」というのがあったが現時点でもう「ワンセグだけで無理矢理契約させられたので受信料返せ」という動きが相当起きるであろう。大騒ぎに決まっている。だから自身は「95%負けるだろう、裁判官にそんな度胸はない」と書いたのだが、いやこれは本当にびっくりした。SMAP解散なんかどうでもいいくらいデカいNEWSである。

以下ブコメに勝手に返答する。

id:kusigahamaさん そうですね。私が弁護士・司法書士なら動きます。

id:Panthera_unciaさん ですが、確定するまではもうワンセグだけを根拠に契約・受信料は取れないでしょう。これだけでもふれあいセンターのパンクが容易に想像できます。

id:zionsさん 国会議員ではなくて総務省なんです。

id:akikonianさん 総務省幹部顔面蒼白だと思います。

Post Script

スマホメーカーから「総務省の命令でワンセグ機能を無理矢理つけさせられた」とぶっちゃけるタイミングが来たという感じである。誰かぶっちゃけて。

Post Script 2

「カーナビだけで契約させられた」という人もほぼ同じ状況になるだろう。ただし、カーナビについてはさらにグレーな解釈のようだ。下手すると「別途に裁判」という事態も考えられそうだ。

広告を非表示にする