ポケモンGO、今後の方針

Pokémon GO での「近くにいるポケモン」活用法 | Orangkucing Lab

↑このサイトのエントリーを見てわかったのは、

ポケモン発生箇所(以下、このサイトの表記に沿ってポケソースと呼称)は固定である

ポケモン発生時間は毎時n分である。(nは箇所ごとに固定、つまり1日24回出現)

発生したポケモンは12~15分出現し続け、移動しない

以上から特に地方住民はポケソース地図を作るのが必須レベルと化した感がある。都会はルアーだらけなんだから何も考える必要がない。そしてポケソース地図が完成後はポケソースを巡回するだけになり、寄り道がまったく意味がなくなる変なゲームになってきたぞ

ポケソースがない箇所でのポケモンGO起動は「ふ化」しかメリットがないので極端な話アプリを落としても良いだろう。というかこれじゃポケモンGOプラス買う必要が大幅に減りましたな。

とりあえず自身の今後

1.東豊線駅のスクショ

2.駅そばのポケソースの調査

3.駅間のポケソースの調査

の流れを実施する予定である。ゲーム効率を考えるならこんなことをしないで毎日大通公園行くべきなのだが、それはGPSゲームであることをオミットしていると思う次第である。

広告を非表示にする