ポケモンGO第1回:服装・持ち物

(記事をサブWeblogから移籍した、保護者の方にも見てもらいたい。Ingress時代のベースだが色々改変している)

服装

言うまでもなくゴワゴワジーンズは薦められない。ゆったり目の服装が基本オススメだ。
デザインが何でも良いなら古着屋でもヤフオクでもフリマアプリでもなんでもいいから買えば安い。

980円の靴が軸。とにかくあっという間にダメになるので7000円・1万円の靴など正気の沙汰じゃない。それ以上に重要なのは靴下を2重にすること。なので試し履きも靴下を2重ですることになるのでサイズが基本1段階上になる。

またできれば雨用と雨以外用を用意したい。雨以外用は通気性・軽量性を確保することになる。

荷物入れ

リュック一択。胸のところでカチャッとしめるモノだとさらに楽になるが、そこまで重い荷物を持つかというハナシである。自身の観測範囲だとサンキが安い。

ファッション市場 サンキ

所持品

ハイテク

端末二台(Androidなら4.4以上)・モバイルバッテリー合計10000mAh以上
充電ケーブル(意外に忘れる)・充電器(電源有のマックとかよれそうなら)

端末が1台だとバッテリーが尽きたら充電しながらプレイする?個人的観測だがそれはバッテリーの寿命が著しく減るように思う。なので2台交互に使うのが理想だと考える。
そう考えるとやはりWiFiルーターで2台をやりとりする方が理想である。
WiFiルーターだから赤ロムでも全然困らないのであった。

食事

1500ml以上の飲み物・携帯食(玄米ブランが最良、次点はブルボンのプチ・大福という手段も)

http://www.asahi-fh.com/products/balanced-food/balance-up/img/balance-up14.jpg
クリーム玄米ブラン ブルーベリー 72g(2枚×2袋)×6個

Others

ティッシュ・ウエットティッシュ・頭痛薬(1錠で足りるだろう)
あんまりごちゃごちゃ持つのも考え物である。

交通費

体調が悪いと帰宅は徒歩では困難だ。なので交通費と「ここから体調が悪くなったらどうやって帰るか」というシミュレーションをしておきたいところだ。例えば米里(札幌市白石区)から新札幌に行こうとすると1本のバスでは絶対に到達できないのである。
自身のIngress経験では脚の痛みもあるが、頭痛というのも過去にあった。

広告を非表示にする