B組のAndroid版パズドラ報告:第61回『パズドラ実力のナゾ』

いつの間にかWiMAXの規制が解除されたのでスレでフレ募集をかけた。
異様な書き方をしているので見れば「あ、こいつだ!」とすぐわかるはずだ。

さて、パズドラ界ではなにをもって「初心者・上級者」と分類するのが実に曖昧なので自身で指針を提示しようと思う。

●チュートリアル者
 主にランク80未満。「242パーティー」とか言われても何のことかわからない。
 プレイし直しやサブアカウントであるならば
 あらかじめその旨を告知しないとフレンドの指定申請で「厚かましい」と思われる(少なくても自身は)
 基本的に番龍マラソンの日々を繰り返す。

●入門者
 まだ超級をノーコンクリア出来ない人。出来たとしても強力フレンド+落ちコンのまぐれ勝利。

●初級者
 地獄級をクリア出来ない人。というか自身。

●中級者
 超地獄級が無理な人。しかし地獄級がクリア出来るからパーティーは充実しまくっている。
 「チョキ」「スキルマ」というスラングを多用したり、スレでパズドラと関係ない話をし始める。
 口癖は「侘び石はよ」。
 フレンドも露骨に選別し始め、「Lv.MAX当たり前、最低でも+200」と平然と言い放つ。
 他人のレアガチャ結果が気になって仕方ない。

●上級者
 全てのダンジョンをノーコンでクリアしたことある人。ランクも400~とかになっているが、
 色々と達観し始めプレイ時間が減り始める。
 何しろ日付をすっ飛ばしてもスタミナが満タンにならない

●廃人
 実力はあったりなかったりだが、裏の道を選んだ人々である。
 明らかにステータスが不利なキャラに+297を振ったり、
 大会に出たり、pixivにイラストを投稿したり、グッズを作ったり、延々と確率を計算していたりと場合によってはガンホースタッフも逃げ出すような人々である。
 パズドラが廃れたときどうなるのか他人事ながら不安である。

広告を非表示にする